使い方

サイト作成ツールSIRIUSをMacで使う為に必要なツールと導入費用

SIRIUS mac

サイト作成ツールSIRIUSは条件を揃えればMacでも使用可能です。

簡単に解説すると、専用ツール(BootChamp、ParallelsDesktop)を使いMacでWindows環境を作った後、SIRIUSを動かします。

その際に必要となるツールや導入費用、そして注意点などを紹介します。

MacでSIRIUSを検討中の方は参考にしてみて下さい。

SIRIUSのMac使用で必要なもの

SIRIUS Mac ブートキャンプ

サイト作成ツールのSIRIUSはWindowsで動作させることを前提として作られたソフトウェアなので、通常ではMacで動作させることはできません。

しかし、BootChamp(ブートキャンプ)と呼ばれるWindowsとのデュアルブートにすることができるツールを使うことで、SIRIUSを動かすことが出来ます。

BootChampはMacの公式がサポートしているアプリのひとつで、内部ストレージに空き領域さえあれば実装させることが出来ます。

この方法はOSの切り替えは再起動が伴うので、手間がかかってしまいます。

しかし、仮想化を実装させるよりもスムーズに動作しますし、スペックが限定されている端末であっても問題なく運用させることが可能です。

 

BootChampとParallels Desktopはどっちがいい?

SIRIUS BootChamp ParallelsDesktop

SIRIUSを仮想的に動かす方法には、BootChampParallelsDesktopがあります。

PCのスペックに余裕があればParallelsDesktopをおすすめできます。

仮想化でMac上に動作させることができるので、Windowsで行った作業をすぐにMacに反映させることが可能です。

ただし、スペックに限りがある旧式のMacの場合はBootChampを利用したほうが良いでしょう。

再起動の手間はかかりますが、仮想化により動作が不安定になってしまう可能性もあります。

それだけでなく、公式がサポートしているアプリなので、不具合が発生したとしてもすぐにサポートパッチを適応させることで対応可能です。

安定性を求めるのであれば、ブートキャンプを利用したほうが無難です。

 

MacでSIRIUSを動かす為に必要なものと費用

Mac SIRIUS 必要なもの

MacでSIRIUSを動作させるために必要なものは、正規のライセンスを取得したWindowsです。

Microsoftの公式サイトから購入可能で、費用はおよそ20000円前後です。それからWindowsにインストールするSIRIUSを購入する必要があります。

通常版で18000円程度かかるので導入前に用意しておきます。Macの性能が低い場合は新しい本体を購入する必要があるので、その費用も考慮しておくことが重要です。

結果的に最低4万円付近になります。ParallelsDesktopの場合も同様で、Windowsのライセンス契約をした上で導入する必要があります。

仮想化は性能が求められるので、増設するパーツのお金も用意しましょう。

 

MacでSIRIUSを動かすための手順

SIRIUS Mac 手順

MacでSIRIUSを動作させるための手順は簡単で、まずはBootChampを使用して専用のパーティションを作ります。

後は画面の指示に従ってWindowsを空き領域にインストールするだけなので簡単です。ParallelsDesktopの場合は、ISOイメージをマウントする必要があります。

WindowsのISOイメージはMicrosoftからダウンロード可能なので、予め用意しておきます。

設定からマウントを行い、起動するだけで導入は完了です。注意しなければならないことはライセンスキーを入力することです。

キーの入力を忘れて放置していると、違反になってしまうことがあります。データが消失する可能性もあるので必ず入力します。

 

SIRIUSのMac動作のよくある質問

SIRIUS Mac 質問

MacでSIRIUSを動作させる際によくある質問としては、SIRIUSはWindows用のソフトウェアなので、予めWindowsを用意しておく必要がある点です。

Macに直接インストールすることは出来ません。余分にお金がかかってしまいますが、サイトを簡易的に開発することができるので導入する価値はあります。

更に安く済ませたい場合は、既にライセンスを取得した中古のWindowsを搭載したパソコンを購入する方法も有効です。

1万円程度で問題なく動作可能な中古のパソコンを手に入れることができるので、通常よりも安くすることが出来ます。

ただし、最低動作環境を調べた上で購入しなければならず、導入までのハードルは高いです。

 

SIRIUSの推奨動作環境とは?

SIRIUSに求められているパソコンの性能は以下の通りです。

気をつけるべきなのは、パソコンの搭載CPUとメモリです。WindowsはXPや7なども対応しています。

備考欄に書いてある通り、Mac動作はサポート対象外となっているようです。しかし、実際に動作させている方もいるので、不可能ではありません。

CPUIntel PentiumⅢ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
メモリ1GB 以上
ハードディスクインストール時に必要なハード ディスク空き領域: 200 MB

必要なハード ディスク空き領域 : 1GB

ディスプレイ解像度 1024 x 768以上
OSMicrosoft Windows 10(推奨)

Microsoft Windows 8.1(推奨)

Microsoft Windows 8(推奨)

Microsoft Windows 7(推奨)

Microsoft Windows VISTA(※2)

Microsoft Windows XP(※2)

(32bit、64bit共に対応しています)

※日本語のみ対応(Japanese only)

※2、デザインモードの利用に制限があります

その他※1.ネットブックなどのミニPCでの動作は保証していません。

※2.SIRIUSの起動にはインターネット環境が必要となります。

※3.Macをご利用の場合、ブートキャンプ等でWindows環境を作ればSIRIUSを動作させることは可能です。ただし、この場合サポートの対象外となりますので、自己責任においてご利用ください。

※4.動作環境として.Net Frameworkの4.0以上のバージョンが必要となります。
導入されていない方は、下記のリンクから最新の.Net Frameworkをインストールしてください。

 

(Windows 7をご利用の場合は、既に.Net Framework4.0がインストールされた状態になっています)

※注意事項上記はSIRIUSを動作させるために必要な最低限の環境であり、
上記環境を満たす場合でも、100%の動作保証を行うものではありません。

 

まとめ

SIRIUS Mac まとめ

SIRIUSでMacを動かすには、Windows正規版(約2万円)が必要です。

導入手順は、まずBootChamp(ブートキャンプ)またはParallelsDesktopを利用します。

そして、Windowsをダウンロードし、SIRIUSのライセンスキーを入力すれば即使えます。

ただし、SIRIUSをMac上で動作させると、動きがもっさりする場合もあるようなので、Windows導入済みの中古Windows PCの購入も検討してみると良いかと思います。

SIRIUSは高度なスペックは不要ですが、少なくともここ3年以内に発売された、そこそこの性能のパソコンの方が買い間違いせずに済むはずです。

SIRIUSの通常版と上位版で迷ったら、下記記事もご覧ください。

SIRIUS 通常版 上位版
SIRIUS 通常版 上位版 の価格・機能の違いを徹底比較

SIRIUS 通常版 上位版 のどちらを買おうか迷われていますか?通常版18,800円、上位版24,800円なので価格差は6,000円です。 最近ではサイトの見た目のデザインへのウエイト重視が進んでい ...

続きを見る

SIRIUS 購入方法
SIRIUS 購入方法 価格と分割払いと実質的に安く買う裏技

SIRIUS 購入方法 をお探しですか?初心者からトップアフィリエイターまで愛用する、最も知名度の高いサイト作成管理ツールです。 SIRIUSの通常版は月々4,700円(税込)、上位版は月々6,200 ...

続きを見る

-使い方

Copyright© SIRIUSなび , 2020 All Rights Reserved.